2010年11月19日

11月16日にここ名寄で「地球と体にやさしい暮らし方」という講演会がありました。講師は遺伝子組換え食品にくわしい天笠啓祐さん。私が遺伝子組換えという言葉を耳にした10年以上前に初めて手にした「遺伝子組換え食品」という本の著者でした。
遺伝子組換えとはどういうことか?という説明で、「たとえば豚の遺伝子に、ほうれん草の遺伝子を組み込むこと」と言われました。ほうれん草の栄養素を持つ豚肉が出来上がるようにという人間の勝手なエゴによる自然破壊です。
遺伝子組換えでは、成功する物もあれば失敗する物もあります。成功した遺伝子組換え作物に菜の花があります。雑草をすべて枯らしてしまう強力な除草剤に対して枯れない性質の遺伝子を組み込んだ菜の花の畑にその強力な除草剤がまかれますと、遺伝子組換えされた菜の花だけが残ります。その菜の花の種「菜種」から化学薬品で搾り取った油で「サラダ油」が作られ、「マヨネーズ」が作られます。これらの食品は、ごく普通にスーパーや量販店に並んでいます。

- Copyright © Sikisai 2009,2010 -

▲ HOMEへ

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

プロフィール

746sikisai

Author:746sikisai
自然食品とからだに優しい生活雑貨の店「カントリーキッチン四季菜」です。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
掲載されました

northern style スロウ 50号
『店主の価値観を"おすそわけ" こだわり商品が並ぶ、街の商店』に取り上げられました。


スロウな旅 北海道(東エリア編)
天塩川流域ルート『なよろ 商店街散策』に、取り上げられました。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ