化学物質過敏症を考えよう~

たとえば、アルコール。
お酒に入っている成分でもあります。
少しならおいしく飲めるのですが
許容量を超えると、カラダは拒否反応を起こします。
それでもとり続けると、
カラダは壊れ、死に至ります。
天然のアルコールでさえ、そうなりますが
人工のアルコールなら、さらに深刻な結果が待ち受けています。
それなら飲まなければそれでいいのですが、
香料。
これは、アルコールよりもやっかいです。
自分ではとりたくなくても
空気中に漂っていれば
呼吸したときに体の中に入ってしまいます。
臭いの成分は直接脳に影響を与えますので
敏感な方には、とてもつらい状況が生まれます。
人によって許容量は変わりますが、
取り過ぎると
頭痛、ぜん息、かゆみ、めまい、失神、死
などが待ち受けます。

近年、この逃げようのない人工の香料が
あらゆる物に入り込んできました。
衣類に使う洗剤・柔軟剤などは、
そのさいたるもの。

札幌の学校では、
香りの自粛運動がはじまっています。
どういことか?
絵本ができましたのでご覧下さい。
店にあります。
貸し出しも行います。

20190215ehon.jpg
20190215ehon2.jpg
プロフィール

746sikisai

Author:746sikisai
自然食品とからだに優しい生活雑貨の店「カントリーキッチン四季菜」です。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
掲載されました

northern style スロウ 50号
『店主の価値観を"おすそわけ" こだわり商品が並ぶ、街の商店』に取り上げられました。


スロウな旅 北海道(東エリア編)
天塩川流域ルート『なよろ 商店街散策』に、取り上げられました。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ