2009年10月2日

今、油について考えています。油というのは、食用油のことです。自然食品店が扱う食用油の多くは、ノルマルヘキサンという油を抽出するための薬品を使っていないもの、「圧搾式」などと表示されている昔ながらの抽出法で絞られた油です。この方法は、手間と時間がかかりますし絞り出せる油の量も薬品抽出と比べると少なくなります。その結果、薬品抽出の油と比べて割高になります。

「ノルマルヘキサン」という薬品の使用は、食品への残留値が基準以内であることを条件に、日本では認められています。この薬品について調べてみますと、「慢性毒性として、毒性を有する。代謝系でヘキサンが酸化され2,5-ヘキサンジオンが生成し、これが末梢神経を侵すために歩行困難などの多発性神経症が発症する」とあります。また、「急性毒性としては500ppm以上の濃度のヘキサンに曝露する事で頭痛や軽度の麻酔作用が現れることがある」と報告されています。そして最近 発ガン性があるとかで話題になっているのが、とりすぎると良くないと言われるリノール酸を加熱、加水分解して再合成した加工油脂、"ジアシルグリセロール"です。今、販売を自粛している有名な健康油ですね。

薬品抽出の油に比べると割高な油は、本当に割高なのでしょうか?病院代はかからないと思うのですが・・・


- Copyright © Sikisai 2009 -

▲ HOMEへ
プロフィール

746sikisai

Author:746sikisai
自然食品とからだに優しい生活雑貨の店「カントリーキッチン四季菜」です。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
掲載されました

northern style スロウ 50号
『店主の価値観を"おすそわけ" こだわり商品が並ぶ、街の商店』に取り上げられました。


スロウな旅 北海道(東エリア編)
天塩川流域ルート『なよろ 商店街散策』に、取り上げられました。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ