2009年4月10日

私達地球上で生きるものは、水を必要とします。飲み水として、体を清潔にするための生活用水として、食料を生産するための農業用水として、生活で使用するあらゆる物を生産するときにも、水は必要です。その水が地球規模で足りなくなってきたようです。
地球上の水は、海水を含めて14億立方キロメートル。そのうち私達が使える淡水は2.53%。しかし、河川や湖沼などが0.01%、地下水が0.76%。すぐに使える水は全体の1%もないのです。一方、世界の人口は1950年の約20億人からわずか60年で現在67億人と急激に増加しています。以前は飲料と農業を主に使われていましたが、地域によっては農業をしのぐ水量を工業が使っています。
日本は昔から水が豊富な国と言われてきました。そして、現在は食料や生活用品の多くを海外から輸入していますから、もしも輸入ができなくなったら、農業や畜産業、工業に必要な水がとたんに足りなくなると、予想されています。そうなれば水の価格は高騰し、食べ物を含むすべての物は大幅な値上げとなるでしょう。しかも、それらの量は大幅に減少せざるをえないでしょう。
これらの予測はどれくらい先の話かと言いますと、早ければ数年後、遅くても40年後と言われています。

- Copyright © Sikisai 2009 -
▲ HOMEへ

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

プロフィール

746sikisai

Author:746sikisai
自然食品とからだに優しい生活雑貨の店「カントリーキッチン四季菜」です。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
掲載されました

northern style スロウ 50号
『店主の価値観を"おすそわけ" こだわり商品が並ぶ、街の商店』に取り上げられました。


スロウな旅 北海道(東エリア編)
天塩川流域ルート『なよろ 商店街散策』に、取り上げられました。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ