2011年2月18日

食料価格は危険水準!というニュースが流れました。
食料価格の全体指数は2010年10月から11年1月にかけて15%上昇し、穀物では小麦価格が最も高い伸びを示し約半年で2倍以上に急騰。トウモロコシも73%上昇し砂糖や食用油も急激に上昇している・・・と。
昨年度の洪水や熱波による作物への影響がここに来てはっきりとした数字で表れてきました。
小麦を主食とする国々では大変深刻な状況です。とくに今は暴動が起きやすくなっています。
日本国内でも食料品の値上がりは避けられないと思われます。値上げだけではなく食品そのものが少なくなるわけですから、どのように対処していけばいいのか、早急に考えなければならない問題だと思います。と、このことは昨年の夏あたりから言ってるのですが、反応がイマイチなのはそれだけの危機感がないからでしょうね。スーパーには今でも山ほどの食べ物が積み上がっていますし、見た目の食糧不足は感じられないでしょう。しかし、一旦騒ぎになれば何日もつのでしょうか?

Copyright © Sikisai 2009-2011

▲ HOMEへ

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

2011年2月11日

とれたて急速冷凍の天然エビ、入荷しました。価格、値下げになりました。
このエビは、パプアニューギニアでとれたエビです。養殖ではなく、天然のエビを船の上で獲れたてを急速冷凍し、鮮度を保っています。手間も経費もかかりますが、そうすることでエビの変色を防ぐための黒色防止剤を使わずにすみます。天然エビは数有れど、完全に無添加で管理された天然エビはなかなか少ないようです。
エビにしろ、サンマやサバにしろ、長期冷凍保存しようとすれば、変色を防ぐ添加物、酸化を防ぐ添加物、など薬漬けの物が多いのですが、安くする事より安全性や味を優先する事は可能ですが、少しばかり経費が多くかかるためこの選択肢はむつかしいようですね。目に見えない部分ですから。それでも、味は正直で、食べ比べるとその違いは雲泥の差となります。

Copyright © Sikisai 2009-2011

▲ HOMEへ

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

2011年1月28日

寒さもいちだんと厳しくなり、本日の名寄の最低気温がマイナス25度となりました。今は日本中雪が降ったり場所によっては火山灰が降ったりと、農業にとっても厳しい環境になっています。
収穫できる野菜の種類も少なくなってきました。そして価格も高騰しています。北海道は雪が積もっている間の収穫はあまり望めないため、どうしてもこの期間他の地域から野菜を運ぶカタチになっています。国内の野菜はそうでなくとも数量・種類ともに少なくなりますので大手のスーパーなどでは海外からの輸入に頼らざるを得ないようです。
その海外の野菜・穀物ですが、現在品不足と大幅な値上がりが続いています。調味料や冷凍食品、レトルト加工食品などは、ある程度のストックがありますので今すぐ国内での値上げにはつながらないと思いますが、生鮮食品などはじわりじわりと値上げが目立つようになってくるでしょう。
外国の食べ物の方が安いから国内産は食べない!というわがままがいつまで続けられるのでしょうか?そのうち食品売り場の棚がガラガラになってしまう日がやってくるのでしょうか。それはそれで、不安ですが・・・

Copyright © Sikisai 2009-2011

▲ HOMEへ

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

2011年1月14日

あけましておめでとうございます。
今年もお世話になります。
さて、ご存じのように地球規模で天候の不安定な状態が続いております。有機栽培農家でも危機感をもって供給を続けていますが、いつまで安定供給できるかは予測がたたない状況です。
このような厳しい状況のなかでも価格を抑えながら供給していただいて農家のみなさん、とりまとめの業者のみなさんには感謝しています。当店もその想いを込めて大事に野菜をお届けしていきたいと思っています。
昨年度より厳しい1年になりそうですが、よろしくおつきあい願います。

Copyright © Sikisai 2009-2011

▲ HOMEへ

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

2010月12月3日

12月4日(土)に、名寄市文化センターにて「地産地消フェアー in なよろ」が開催されます。当店は、名寄産の高オレインひまわり油を出品いたします。そこで試食できるように、このおいしいひまわり油を使ったカボチャのディップを持参します。
このカボチャのディップを作るにあたっていろいろとレシピを調べてみましたが、なかなかこれというレシピに巡り会わず、こうなればいろいろとやってみるしかない!と名寄の有機栽培カボチャとひまわり油を使って試作してみました。
結論から申し上げますと、カボチャは皮をむいて一口大の大きさにカットしたものを蒸して竹串がすっと通るくらいで引き上げ、ひまわり油をすこしずつたらしながら練っていきます。他の調味料は、何も使わずこの2種類だけで作ったディップが一番好評でした。材料の底力です。
野菜をすこし干して、水分を抜いてから調理した物は旨みも甘みも濃くなってシンプルな調理で絶品になると、TVで紹介されていました。複雑な手順で手を加えたものがおいしいと思うのは、どうやら作り手のエゴだったようです。シンプル、単純なものが美しい場合が多いのかもしれません。

- Copyright © Sikisai 2009,2010 -

▲ HOMEへ

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

プロフィール

746sikisai

Author:746sikisai
自然食品とからだに優しい生活雑貨の店「カントリーキッチン四季菜」です。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
掲載されました

northern style スロウ 50号
『店主の価値観を"おすそわけ" こだわり商品が並ぶ、街の商店』に取り上げられました。


スロウな旅 北海道(東エリア編)
天塩川流域ルート『なよろ 商店街散策』に、取り上げられました。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ